top of page

Thu, 18 Jul

|

Webex オンラインイベント

創薬・ライフサイエンス研究向け NVIDIA BioNeMo のご紹介と基本操作

この度「創薬・ライフサイエンス研究向け NVIDIA BioNeMo のご紹介と基本操作」と題しまして、SHIROKANE でも利用できる創薬のための生成 AI プラットフォーム NVIDIA BioNeMo の講義を開催しますのでご案内します。

お申し込みの受付は終了しました。
他のイベントを見る
創薬・ライフサイエンス研究向け NVIDIA BioNeMo のご紹介と基本操作
創薬・ライフサイエンス研究向け NVIDIA BioNeMo のご紹介と基本操作

日時・場所

18 Jul 2024, 13:00 – 15:00

Webex オンラインイベント

イベントについて

  • 日程: 2024 年 7 月 18 日 (木)
  • 講義時間: 13 時 00 分 ~ 15 時 00 分
  • 会場: Webex によるオンライン開催
  • 定員: 200 名 
  • 参加費: 無料
  • 本講習会は日本語で実施します

講習題目

創薬・ライフサイエンス研究向け NVIDIA BioNeMo のご紹介と基本操作

講師

エヌビディア合同会社ディープラーニングソリューションアーキテクト

NVIDIA 阮 佩穎 (ゲン ハイエイ) 講師

昨今の生成 AI の隆盛を受けて、バイオインフォマティクスやライフサイエンス 研究の分野でも生成 AI や LLM の活用が活発になってきています。

NVIDIA はこのライフサイエンス領域での生成 AI や LLM の利活用に向けて「BioNeMo」というフレームワークを提供しています。

「BioNeMo」は定評のある学習済モデルを多数収容し、簡単な操作で評価でき、さらに独自データを用いたファインチューニングや学習も容易に可能となっています。

学習済モデルには、アミノ酸配列からのタンパク質立体構造予測のための OpenFold、アミノ酸配列のエンべディングに向けた ESM2、バーチャル化合物生成に向けた MegaMolBART や MolMIM、ドッキング評価に向けた DiffDock や EquiDock、シングルセル RNA 解析に向けた Geneformer 等が含まれています。

本講習会では BioNeMo の概要と基本的や操作方法、さらに学習済モデルの評価から独自データでのファインチューニングまでの一連の流れについて実機操作を中心にお届けします。

申込み方法  7 月 17 日 (水) 17:00 までに下記フォームから申し込みください。登録いただいたメールアドレスに Webex の URL をご連絡します。システム上、チケットの販売といった表記となりますが無償の講習会です。

講習会開催中のご質問は、Webex のチャットで受付いたします。

チケット設定

  • 講習会参加登録

    JP¥0
    Sale ended

Total

JP¥0

このイベントをシェア

bottom of page