医科学研究所 国際共同利用・共同研究拠点シンポジウム 開催のご案内

The Power of Data Science to Accelerate Health Medical Research 

日時: 2021 年 3 月 26 日 13:30~17:15
開催方法: オンライン

東京大学医科学研究所は、「基礎・応用医科学の推進と先端医療の実現を目指した医科学国際共同研究拠点」として平成 30 年 11 月 13 日に文部科学大臣より認定を受け、国際共同研究を推進しています。データサイエンスは、この国際共同研究を大きく加速する力を有しています。本年度の国際共同利用・共同研究拠点のシンポジウムは、「The Power of Data Science to Accelerate Health Medical Research」として、現在の健康・医療・社会に大きなインパクトのある新型コロナウイルス感染症、がんゲノム解析におけるデータサイエンスを取り上げます。

ポスター

参加申し込み

本シンポジウムは、 Webex Events によるオンライン開催です。 Webex Events での本シンポジウムのイベント番号は 1846203872 です。 Webex Events の Web サイトにて「イベント番号: 1846203872」を入力し、本シンポジウムに「登録」してください。

Webex Events の Web サイト
 

プログラム

Opening Remarks

13:30- Yuji Yamanashi

Dean, IMSUT

Lecture

 

13:35- See-Kiong Ng

National University of Singapore, Singapore

Can AI rescue us from diseases and pandemics?

Presentations

 

14:25- Michio Murakami

Department of Health Risk Communication, Fukushima Medical University School of Medicine

Risk assessment for mass gathering events

 

14:45- So Nakagawa

Department of Molecular Life Science, Tokai University School of Medicine

Comparative genomic analysis of SARS-CoV-2 and closely-related coronaviruses

 

15:05- Fuminari Miura

RIVM National Institute for Public Health and the Environment, Netherlands/Ehime University

Implications of wastewater-based epidemiology: can wastewater data reveal hidden transmissions?

15:25-15:35 Break

Lecture

 

15:35- Rui Yamaguchi

Division of Cancer Systems Biology, Aichi Cancer Center Research Institute

Data science and artificial intelligence toward genomic precision medicine

Presentations

 

16:25- Yanan Wang

Biomedicine Discovery Institute and the Department of Biochemistry and Molecular Biology at Monash University, Australia

Histopathological image analysis using deep learning

 

16:45- Yaozhong Zhang

IMSUT

Development of deep learning architectures for nanopore-based whole-genome methylation profiling

Closing

 

17:05- Seiya Imoto

IMSUT

  • Twitter @schgc

ALL RIGHTS RESERVED. COPYRIGHT © HUMAN GENOME CENTER, THE INSTITUTE OF MEDICAL SCIENCE, THE UNIVERSITY OF TOKYO