HOME  >  HGC について  >  研究室紹介  >  ゲノム医科学分野

ゲノム医科学分野

大規模 DNA シークエンシング

蛍光自動シークエンサや種々の反応用ロボット機器を駆使した大規模 DNA シークエンシングを行うシステムを構築しており、疾患関連遺伝子の存在する領域を中心に年間 3、4 百万塩基配列の決定を行っています。この塩基配列のデータを用いて新たな遺伝子の単離やゲノム構造の解析を行っています。また、これらの設備をゲノム研究者の利用に供することを計画中です。

疾患遺伝子の解析のための基盤情報データベースの作成

疾患の原因となる遺伝子の解析のために、マイクロサテライトマーカー 500 種類の日本人における頻度情報を解析しています。これらは日本人における疾患遺伝子の解析を行う上での基礎的データであり、インターネットを通じて研究者に公開しています。また、これらのマーカーを必要とする研究者に提供する計画です。

疾患関連遺伝子の単離

種々の方法を用いて癌、遺伝性疾患、循環器疾患、骨系統疾患、代謝異常などの発症あるいは増悪に関係する遺伝子の同定を行っています。これらの成果は疾患の発症メカニズムの解明のみならず新たな診断法、予防や治療に結びつけることができ、医学の発展に寄与し、 21 世紀の医療に多大な貢献をすることが期待されています。

  • Twitter @schgc

ALL RIGHTS RESERVED. COPYRIGHT © HUMAN GENOME CENTER, THE INSTITUTE OF MEDICAL SCIENCE, THE UNIVERSITY OF TOKYO