top of page
  • hgc

老化を改善 加齢現象に深く関わる酵素を同定

更新日:2021年1月27日

東京大学医科学研究所の研究グループは、新たな老化細胞の純培養法を構築し、老化細胞の生存に必須な遺伝子群を当センターのスーパーコンピュータ SHIROKANE を用いて解析した結果、グルタミン代謝酵素 GLS1 を同定しました。さまざまな加齢関連疾患モデルマウスに対する GLS1 阻害剤を投与した結果、肥満性糖尿病、動脈硬化症、およびアルコール性脂肪肝の症状改善に有効であることがわかりました。


掲載誌: Science 1 月 15 日オンライン版 Senolysis by glutaminolysis inhibition ameliorates various age-associated disorders. 詳しくは東大医科研プレスリリースをご覧ください。

 

Suppresses aging. Identification of enzymes deeply involved in the aging process

A research group at the Institute of Medical Science of the University of Tokyo has established a new pure culture method for senescent cells and analyzed a group of genes essential for the survival of senescent cells using the SHIROKANE supercomputer of HGC, and identified the glutamine-metabolizing enzyme GLS1. GLS1 inhibitors were administered to mouse models of various aging-related diseases, and found to be effective in improving symptoms of obesity diabetes, atherosclerosis, and alcoholic fatty liver.


閲覧数:742回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page