• hgc

東京 2020 オリンピック・パラリンピック選手村の下水中新型コロナウイルス量と陽性者数との関連を解明

下水疫学調査と個人検査は相互補完的、集団を対象とした検査戦略としての普及に期待


北海道大学大学院工学研究院の北島正章准教授、大阪大学感染症総合教育研究拠点の村上道夫特任教授 (常勤)、東京大学大学院工学系研究科の片山浩之教授および同大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの井元清哉教授らの研究グループは、塩野義製薬株式会社と共同で、2021 年に開催された第 32 回オリンピック競技大会 (2020/東京) および東京 2020 パラリンピック競技大会 (以下、東京 2020 大会) の選手村において新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の下水疫学調査を実施し、下水中の新型コロナウイルス RNA 量と陽性確定者数との相関を解析した結果を報告しました。


研究グループは、東京 2020 大会開催期間を含む 2021 年 7 月 14 日から 9 月 8 日にかけて、選手村の下水検体を採取し、北海道大学と塩野義製薬が共同開発した高感度検出技術である EPISENSTM 法を使用し、下水検体中の新型コロナウイルス RNA 量を測定しました。下水検体中の新型コロナウイルス RNA 量は陽性者の存在と統計的に有意な正の相関が認められ、さらに下水中ウイルス RNA 量の増加は個人検査による陽性者の発見に 2 日間先行していたことが示唆されました。

選手村での下水疫学調査結果は、他の感染モニタリング指標 (陽性者数や市中感染の状況等) と併せて総合的に勘案されることで、パラリンピック期間中に更なる感染防止対策を実施するなどの判断材料の一部として活用されました。下水疫学調査と個人検査は相互補完的なものであり、この検査戦略が選手村内におけるクラスター発生の防止にあたり重要な役割を果たしたと考えられます。本研究の成果は、毎日全員が個人検査を受ける集団に対する下水疫学調査の有用性を示すものであり、ウィズコロナ社会の大規模集合イベントにおける感染対策の一環として下水疫学調査の活用が期待されます。



掲載誌: JAMA Network Open (医学の専門誌) Association of SARS-CoV-2 load in wastewater with reported COVID-19 cases in the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Village from July to September 2021. (東京 2020 オリンピック・パラリンピック選手村 (2021 年 7 月から 9 月) における下水中の新型コロナウイルス量と COVID-19 陽性者数の関連)


詳しくは東大医科研プレスリリースをご覧ください。



閲覧数:100回0件のコメント