• hgc

柴田龍弘教授、令和 3 年度高松宮妃癌研究基金学術賞を受賞

ヒトゲノム解析センターゲノム医科学分野の柴田龍弘教授 (国立がん研究センター研究所がんゲノミクス研究分野分野長兼任) が、「消化器難治がんゲノム解析による診断・治療・予防への展開」において、令和 3 年度高松宮妃癌研究基金学術賞を受賞しました。

高松宮妃癌研究基金学術賞は、がんに関する基礎領域の研究、臨床領域における新治療法の開発等において、顕著な業績を挙げた研究者に贈られる賞です。詳しくは、下記の Web サイトをご覧ください。


関連情報

閲覧数:105回0件のコメント