top of page
  • hgc

井元清哉教授、令和 5 年度文部科学大臣表彰 (科学技術賞 科学技術振興部門) を受賞

更新日:2023年4月7日

ヒトゲノム解析センターの井元清哉教授が代表を務める「MAss gathering Risk COntrol and Communication」 (MARCO) が、「COVID-19 禍における大規模集会の開催に関する貢献」において、令和 5 年度文部科学大臣表彰 (科学技術賞 科学技術振興部門) を受賞しました。


MARCO は、コロナ禍での大規模イベントの感染リスクの低減や、開催のあり方を科学的に検討することを目的に、多様な専門分野の研究者が集まり 2020 年 4 月から活動している有志研究チームです。


解決志向リスク学によって各種対策の効果を定量的に評価し、科学と技術に裏打ちされた大規模集会のデザインを社会に実装。特に、東京 2020 オリンピック・パラリンピックや日本野球機構、日本プロサッカーリーグなどのプロスポーツでの感染リスク対策評価、対策順守率の調査と観客へのフィードバック、選手・スタッフらへの効果的な検査体制の構築、マスク効果の見える化と情報発信やマスク開発を進めた点などが評価されました。


受賞者 (MARCO メンバー)


主要論文

  • 「COVID-19 risk assessment at the opening ceremony of the Tokyo 2020 Olympic Games」Microbial Risk Analysis, vol.19, 100162, 2021 年発表

  • 「COVID-19 testing systems and their effectiveness in small, semi-isolated groups for sports events」PLoS ONE, vol.17(3), e0266197, 2022 年発表


閲覧数:340回0件のコメント

Comments


bottom of page