• hgc

新型コロナウイルスゲノム変異解析・可視化を迅速に実施するシステムを開発

ヒトゲノム解析センターと日本アイ・ビー・エム株式会社は、COVID-19 の国内感染拡大リスク軽減のため、新型コロナウイルスの変異状況のモニタリングならびにウイルスの感染経路同定に活用できる「HGC SARS-CoV-2 Variant Browser」を開発し、システムの運用を開始しました。

同システムは、新型コロナウイルスのゲノム情報を用い「どういった変異を持っており」「いつどの国から流入し」「どのように感染拡大してきたのか」を迅速に把握することができます。

現在、新型コロナウイルス変異株は大きな問題になっており、その感染拡大状況を迅速に調べる体制が求められています。今後、ワクチン接種に伴う社会機能回復時の人流の増大に伴い、海外からの新たな変異株の流入やワクチン回避株の出現が懸念され、ウイルスゲノム解析を拡大する必要性があります。


詳しくは東大医科研プレスリリースをご覧ください。



187回の閲覧0件のコメント