top of page
  • hgc

腎臓がんの全ゲノム解析により日本人の 7 割に未知の発がん要因を発見

東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターゲノム医科学分野の柴田龍弘教授 (国立がん研究センター研究所・がんゲノミクス研究分野分野長兼任) は、英国サンガー研究所並びに WHO 国際がん研究機関 (International Agency for Research on Cancer, IARC) との国際共同研究に参画し、発症頻度の異なる日本を含む世界 11 か国の腎細胞がん (淡明細胞型腎細胞がん) 962 症例の全ゲノム解析から発がん要因の解析を行いました。


その結果、日本人の腎細胞がんの 7 割に他国にはほとんど見られない、未知の発がん要因が存在することが明らかとなりました。また腎細胞がんの危険因子として知られている喫煙・肥満・高血圧・糖尿病について、喫煙は遺伝子の変異に直接作用していることが分かりましたが、肥満と高血圧と糖尿病は、遺伝子の変異を直接的に誘発しないことが示唆されました。


今後さらに研究を進め、本研究で明らかになった未知の発がん要因を解明することにより、日本における腎細胞がんに対する新たな予防法の開発が期待されます。


詳しくは東大医科研プレスリリースをご覧ください。


本研究成果は 5 月 1 日に Nature に掲載されました。


閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page