• hgc

モバイルヘルス技術を活用しマインドフルネス瞑想の心拍変動への影響を検証開始

Garmin 社との共同研究・研究参加協力者も募集開始


ヒトゲノム解析センター (研究代表者/ゲノム医科学分野・講師 新井田厚司) とガーミンジャパン株式会社 (所在: 埼玉県富士見市、代表取締役: 鄧乾坤、以下 Garmin) は共同で、「モバイルヘルス技術を活用したマインドフルネス瞑想の心拍変動への影響についての検証」の共同研究を開始いたします。


本研究の目的は、マインドフルネス瞑想 (以下、瞑想) がストレスに与える影響を検証することにあり、またこの検証を、モバイルヘルス技術を利用したデータ駆動型科学を用いて行います。本研究では、継続的な瞑想を行うことによって、日常生活における心拍パターンに変化が見られるかどうかを、Garmin 製のスマートウォッチから取得する心拍データから検証します。加えて、睡眠や歩数の情報も収集し、スマホアプリを活用したリアルタイムでのストレス、活動状態の情報や事後アンケート調査による、ストレス、運動、睡眠等のデータから統合的な解析を行う予定です。本研究から得られる結果により、瞑想によるストレス低減の効果をモバイルヘルス技術により客観的に測定することが可能となります。


詳しくはプレスリリースをご覧ください。

PressRelease_Germin-HGC_2022
.pdf
Download PDF • 156KB

また本研究は、一般から参加者を広く募る市民参加型研究として行われます。本研究参加協力者に継続的に瞑想を実践している方と比較対象の瞑想未経験者を募集します。さらに、日常的にランニングをしている方も募集します。三様のデータから、精神的なトレーニングと身体的なトレーニングが日常生活の心拍変動に与える影響の違いを検討します。


研究参加については、こちらの Web ページをご覧ください。


閲覧数:287回0件のコメント