• hgc

COVID-19 の研究者に SHIROKANE の無償利用を提供

最終更新: 5月9日



利用目的が COVID-19 に関する疫学・バイオインフォマティクス・分子モデリングなどの研究プロジェクトに対し、最大で 10,000 CPU コア、16 GPU、合計で 1,000 TFLOPS の計算リソースを速やかに無償提供します。GPU においては高速なゲノムデータ解析ソフトウェア NVIDIA Parabricks をご利用いただけます。


利用される場合は、計算機システム利用申請書 (利用申請書) を support@hgc.jp までメールでご提出お願いします。審査結果は 3 営業日以内にお知らせします。


  • 大学・公共機関、民間企業を問わずご利用になれます。

  • 感染症への対処という性質上、短期間での研究の完了と成果の速やかな公開が期待されます。


利用申請書の記入方法は、以下の通りです。押印は不要です。


  • 利用規程への同意をいただく必要があります。

  • Input Sheet 1、Input Sheet 3 を記入してください。それ以外のシートの記入は不要です。

  • Input Sheet 1 の「研究課題の内容」欄にプロジェクトの内容を記入してください。必要な計算リソースがわかる場合は、それも記入してください。

  • Input Sheet 3 の「開始希望月」欄は 4 月、「開始年」欄は 2020 を選択してください。また、「終了希望月」欄は研究プロジェクトの終了見込み月を選択してください。


利用終了時は、以下の報告書を提出お願いします。(雛形と同等の内容の報告書、または発表論文、プレスリリース等があれば、そちらを報告書に代えていただくことに差し障りありません。)


  • Twitter @schgc

ALL RIGHTS RESERVED. COPYRIGHT © HUMAN GENOME CENTER, THE INSTITUTE OF MEDICAL SCIENCE, THE UNIVERSITY OF TOKYO